Skip to content

社会人なら自分の名前のはんこは必需品です

外国では書類に対して直筆のサインをするというのが一般的な習慣となっていますが、日本においてははんこを使うというのがより一般的になっています。社会人として働く場合はもちろん、そうでない場合であっても、様々な手続きをする際に自分の印鑑が必要になるということが珍しいことでは無いのです。
一般的には自分の苗字の印鑑を作ることになりますが、職場等同じ名字の人がいる場合においては名前を含めた印鑑を作ることも最近では増えてきました。いずれにしてもその印鑑を見ることによって誰の確認を得たのか、誰の書類なのかなどの情報を明確にすることができる点が特徴となっています。日本文化の中では、このような仕組みが必要不可欠であると言うことを知っておかなければなりません。

職場の印鑑で名前を入れ込むメリット

正式の印鑑の場合、自分の名を含めると言う事はあまりしません。しかしながら職場など多くの人が共同で活動する場合においては名を含めた印鑑を作ったほうが利便性が高い場合があります。特に同じ職域に同じ名字の人がいる場合、名字だけの印鑑を使ってしまうとどちらの人なのかが判断できない場合があるからです。
このように複数の同じ名字の人がいる場合において、誰のものであるのかということを明確にするためにフルネームのはんこを作ることがあります。多くの場合このような印鑑の場合にはオーダーメイドで対応することになりますが、最近ではこのようなニーズが高まっていると言うこともあり比較的リーズナブルにつけることができるようになっています。職場等で必要と感じるのであればそのようなフルネームの印鑑を作ることが推奨されます。

自分の名前が入ったはんこのデメリット

一般的にはフルネームの印鑑と言うものを作る事はありません。正式な書類においては苗字だけで印鑑を作るのが一般的です。署名と一緒に押印することが多いのもその一つの理由ですが、同じ名の印鑑であっても文字の形状には様々な種類があり、同じものは人としてないと言うのが前提だからです。
したがって職場等で必要に迫られて作るフルネームの印鑑はあくまでも職場で使うものであり正式なものではないと考えておくのが良いでしょう。実印などのように登録をして使う印鑑の場合には、一つ一つ異なる形で作られる専用の印鑑を選ぶようにするのが良いでしょう。誰でも購入することができる規制のデザインで実印を作ると言うのは非常に危険なことであり注意しなければなりません。もしも実印を必要としているのであればしっかりと相談してデザインを決めましょう。