Skip to content

女性やお子さまにおすすめの名前のはんこ

社会人になれば、ほとんど誰もが持たなくてはならない実印や銀行印。きちんとしたものを初めて作ろうと思うと、フルネームで作るのが正しいのか、名字で作るのが正しいのか、名前だけのはんこでも登録することは可能なのかなど、様々な疑問がわいてくるのではないでしょうか。実印と言えば、生涯を通してその人を表す大切な印鑑のこと。安価なものでも登録は不可能ではありませんが、運気を左右するという説もあることから、多くの方が専門店で印鑑を作られることでしょう。決してお安い買い物ではありませんから、作り直しなどは避けたいところです。
実印登録には、基本的にはフルネーム、姓のみ、名のみ、どのパターンも「アリ」ということになりますが、例えば男性の実印ならフルネーム、女性の実印なら名の部分のみで作るのが一般的とされているようです。

女性の実印や銀行印は名のみが一般的

女性は未婚・既婚にかかわらず、実印や銀行印を作る際は名前のみのものが運気をあげるという説があります。しかしこれは真偽のほどよりも、より実用的な理由が謂れになっているのではないでしょうか。というのも、日本に生まれた女性の多くは結婚後、伴侶になられる方の名字に改姓される方がほとんどです。せっかくきちんとした印鑑を揃えるのであれば、そう何度も作り直すような事態は避けたいところ。そのため、はんこはできるだけ名のみで作るというのが一般化したに違いありません。ただ、女性でも起業されている事業主の方や店舗経営の方、ビジネス関係で印鑑を使う機会が多い方は、フルネームや名字のものを使用されている率が高いようです。
生涯を通して使ってゆくものですから、自分の生活とよく照らし合わせて最適のパターンを選びたいところですね。

女の子の出産祝いに最適のお名前はんこ

名のみの印鑑は女性の生涯の持ち物となることから、女の子が生まれた場合の出産祝いとして贈られる方もたくさんおられます。赤ちゃんが一生のうちで一番最初に両親やお身内から授かるプレゼントが【名】だと言われますが、実印のプレゼントはまさにそれを象徴するような贈りものと言えそうですね。
多くの方が新生児の名を考えるとき、運勢や運気を気にされるのではないでしょうか。それと同じように印鑑にも相というものがあり、運勢を司るとする説もあります。女の子に生涯大切に使ってもらえる印鑑を贈るなら、是非その先の未来の幸福につながるよう精一杯の願いを込めて、素敵な印鑑をプレゼントしたいところですね。
通販などで調べてみると、今は素材やパッケージ、色やデザインなどもオシャレなものが増え、書体も昔はなかったフォントが数々選べるようになっています。大人になっても持っているのが嬉しくなるような印鑑を贈りましょう。