Skip to content

「名前のみ」のはんこは女性にとって便利

実印や銀行印などのはんこを作るときは、苗字だけという場合や、フルネームという場合があるため、どれを文字として彫ったらいいのか分からないという場合もあるでしょう。男性の場合だと、苗字のみという場合や、フルネームという場合が一般的ですが、女性の場合は、男性とは違う事情があるため、名前(英語で言うところのファーストネーム)のみを彫ったほうがよい場合があります。特に実印は苗字やフルネームでなければ印鑑登録ができないというイメージがありますが、いわゆるファーストネームのみの場合でも登録することが可能ですし、当然、実印として使用することもできます。印鑑登録では、住民票に登録されている「氏名、氏、名」あるいは「氏及び名の一部を組み合わせたもの」であればOKだと規定されています。

女性であればファーストネームの実印でもいい

実印については、女性の場合は、結婚を契機にして姓が変わる場合が多いため、「名前のみ」の方が何かと便利だと言えるでしょう。とくに未婚女性の場合は、苗字やフルネームではんこを作ってしまうと、結婚後に作り変える必要が出てくる場合が多くなるといえます。しかし、ファーストネームでそれを作っておくと、結婚後に姓が変わってもそのまま使うことができるため便利だということです。そして既婚女性の場合も、ファーストネームで作ったほうが縁起がいいと言われているため、ゲン担ぎの意味でもおすすめだと言えるでしょう。また、女性であっても、一家を担う立場にある人や、会社で重要な立場にある人などは、フルネームのほうがよい場合もあるため、それぞれの状況に応じて選ぶのもよいと言えます。

銀行印もファーストネームのほうが便利

銀行印についても、女性の場合は「名前のみ」のはんこのほうが便利な場合が多いと言えます。未婚女性の場合は、結婚後に姓が変わることがあるため、苗字のものより便利だというのは実印の場合と同じです。しかし既婚女性の場合は、家族の持っている銀行印と区別しやすいというメリットがあります。男性の場合は銀行印を苗字のみで作るのが一般的であるため、その妻である女性は、苗字ではなくファーストネームで作ったほうが、どちらの銀行印なのか区別がつきやすいということです。ただし、仕事やビジネスで使用する場合は、苗字で作ったほうがよいというケースもあるため、事情に合わせて選ぶとよいでしょう。また、新生児へのプレゼントとして銀行印を贈る場合は、男の子の場合もファーストネームのものを贈るというケースもあります。

これだけ入って、この価格。コスパで選ぶなら。 商品代金5,250円(税込)以上の場合、送料無料でお届け致します。 まるでお子さまが王子様やお姫様になったようにウキウキ楽しさいっぱいにさせてくれます。 正しい書き方フォントでお子様の学びにつながります。 口コミの多さが人気を証明。コスパで選ぶなら。 一番人気のベーシックセット15点入り2715円。 お子様の持ち物に!お名前はんこのおなまえ~る